フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

2020年1月 8日 (水)

ギボッチいろいろ

ヘリグロ、フユシャクの他にもギボッチで観察することが

できました。

 

大物のウバタマムシ

P1026308

カサハラハムシ

Dsc_3090

ハトムネヨコバイ

Dsc_3092

コミミズクの幼体

Dsc_3160

シマバエの仲間

Dsc_3142

クサカゲロウ

P1026190

アオオニグモ

Dsc_3206

ウロコアシナガグモ

Dsc_3121

オナガグモ

P1026263

カラスハエトリ

Dsc_3235

ワカバグモ

Dsc_3381

??コバチ

Dsc_3365

ギボクから枝が生えた

P1026275

なんの卵?

Dsc_3320

 

 

 

2020年1月 4日 (土)

フユシャク

ギボッチではいろいろな蛾も見られますがフユシャクが

一番かな?

 

イチモジフユナミシャク♀

Dsc_3379

 

イチモジフユナミシャク♂

P1036367

 

もう名前が怪しいクロスジフユエダシャク♀かな?

Dsc_3318

 

こちらの♀は??

Dsc_3315

 

こらの♀も??

Dsc_3375

 

こちらも??

P1026256

 

シロオビフユシャク♂

P1036362

 

ユキムカエフユシャク♂

P1026206

 

クロバネフユシャク♂

Dsc_3104

 

クロオビフユナミシャク?♂

P1026212

2020年1月 3日 (金)

ヘリグロチビコブカミキリ

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

だいぶブログをさぼってしまいました。

一番に去年11月に行った苔の観察会をUPしなければいけない

のだけど・・・。

元旦は葉っぱめくり、2日はギボッチなんて正月早々なかなか

いけてるかな?

 

ギボッチでは久しぶりにヘリグロに出会いました。

最初に出会ったのは2013年1月5日、ここ数年は出会っていません。

年々、出会う数と種類が減っているような気がします。

 

 

P1026242 

 

Dsc_3193

 

P1026244

 

P1026248

 

Dsc_3194

 

Dsc_3177

 

Dsc_3185

 

2019年11月12日 (火)

ウラナミシジミの卵

10月29日にみかけたウラナミシジミの卵、こちらにはこんなに

たくさん産んでいました。

フジマメの花弁

Pb105021

 

Dsc_0442

 

Dsc_0437

 

ウラナミシジミ産卵中

Pb105011

 

 

Dsc_1206

 

ハナマメにも

Dsc_0328

 

Dsc_0339

 

Pb094953

 

 

 

 

 

 

2019年11月 7日 (木)

クモの巣とクモの脚

光の加減でクモの巣が綺麗見えた。

 

ジョロウグモ

Dsc_9100 

 

Dsc_9085

こちらは??

Dsc_9150

こちらはゴミグモか?

Dsc_9165

ジョログモの脚が気になったので・・・

Dsc_0257

 

Dsc_0253

 

Dsc_0264 

2019年11月 4日 (月)

タデ食うムシ・・・

ホンタデ(ヤナギタデ)にイモムシがいたのですが・・・

「蓼食う虫も好き好き」とよく聞くフレーズなのに

どんな虫なのかよくわかりません。このイモムシはだれ?

 

Pa274538

 

Pa274539

 

Pa274543

 

Dsc_9711

 

Dsc_9725

 

Dsc_9726

 

Dsc_9721

 

Dsc_9717

 

2019年10月29日 (火)

アズキの花外蜜腺と卵

アズキの花外蜜腺を撮影していたらなにやら白い粒が・・・

Pa274486

 

Pa274487

白い粒がみえる

Dsc_9685

 

Dsc_9688

どうやらシジミチョウの卵のようだ

Dsc_9692

大きさは0.5㎜位

Dsc_9700

2019年10月 7日 (月)

ホシホウジャク

観察会の帰り道ホシホウジャクがホバーリングをしながら

お尻を一瞬曲げ、あっという間にヘクソガズラの葉裏に産卵。

産卵シーンは撮影できず、残念‼

P9283495

 

P9283491

 

Dsc_9144

 

Dsc_9147

こちらは吸蜜シーン、だいぶ遠いなぁ。

Img_0068

 

Img_0070

クズの葉っぱで一休み。

P9223019

 

 

2019年10月 3日 (木)

コミミズクの幼体

なんどもなんども撮影してしまいます。

2014年1月28日2015年1月5日12月5日

2016年12月18日2017年11月26日

 

Dsc_8847

Dsc_8850

Dsc_8845

Dsc_8852

Dsc_8848

Dsc_8849

Dsc_8866

2019年9月27日 (金)

カツラの甘い香り

カツラの並木、春の新葉のときも甘い香りがしたのだがこの季節

にも春に増して甘い香りが漂っています。

落ち葉を見てみると新葉の時のように腺点がみえるものありますが

腺点がなくても葉っぱ全体から甘い香りが漂ってきます。

参考:日本植物生理学会『カツラの甘い香り』

 

P9273231

P9273227

P9273223

Dsc_8601

Dsc_8602

Dsc_8609

Dsc_8612

«南会津只見町

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック