フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« この葉っぱの裏は? | トップページ | 幼虫 »

2012年12月19日 (水)

僕も出会いました

先日、星谷さんの投稿でニホントビナナンフシの♂に出会われたという
ことなので、僕も出会えたらと思い出かけました。
まだたくさんの♀がいましたが寒さのせいかだいぶ弱っていました。
だけど、な!なんとその中に♂がいました!
翅の様子から星谷さんが出会われたのとは違う個体のようです。
数個体はいると思われるけど何故ここに・・・・?

R0011895_2


Img_8891_2


Img_8898_2


Img_8897


Img_8893_2


« この葉っぱの裏は? | トップページ | 幼虫 »

その他のむし」カテゴリの記事

狭山丘陵」カテゴリの記事

コメント

この界隈でニホントビナナフシの♂がみつかるとは思っていなかったので先日見た時はビックリしましたが……こうなると、率は少ないもののオスもいくらか発生していたのでしょうね。
一時期おどろくほどいた♀もだいぶ減ったみたいですし、今年はもう新たに見つけるのは難しそうですが、今後注意しておきたいと思います。
それにしてもフシギですね……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕も出会いました:

« この葉っぱの裏は? | トップページ | 幼虫 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック