フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

アリ

アリが白いものを運んでいた、卵かと思ったら蛹のよう・・・。
大きさから自分の仲間ではないようなのだが・・さて?

Dsc_0436


Dsc_0437


Dsc_0439


Dsc_0440

2013年7月29日 (月)

ハエ

ごこへも出かけていないのでいよいよUPする画像がなくなってきた。


チョウバエの仲間
Dsc_0260


Dsc_0263

2013年7月26日 (金)

ハエ

ヨウシュヤマゴボウの蜜を吸うハエ。ヨウシュヤマゴボウはそんなに蜜が
出るのかなぁ?

ハエ目 クロバエ科 ツマグロキンバエ
Dsc_0414


Dsc_0415


Dsc_0417


2013年7月25日 (木)

メイガ

先週の土日は休めなかった今週も無理そう・・・体も疲れるけど虫たちに出会えないのが
残念・・・いつものことながら画像を貼り付けるだけになって(@Д@;

メイガの仲間
Img_2029
 

Dsc_0054


Dsc_0057


Dsc_0058


2013年7月23日 (火)

カミキリムシ

いろいろなカミキリムシ、接写ばかりしていたのでそうでない
画像を加工なしで。どうも同じパターンになってしまいます。

Img_2102


Img_2105


Img_2118


Img_2052


Img_2055


Img_2044


Img_2123


2013年7月22日 (月)

どうしてか

この姿はどうした訳か撮影したくなる・・・。
どんなふうに撮れてもなんとなく嬉しくなってくる。


Img_2154


Img_2156


2013年7月20日 (土)

はな

どうみても外来種のように思っていたが以外にも在来種だそうだ。
小さい頃は畑の雑草で、切ると切り口がら黄色い汁が出てかぶれる
から触るなと言われていて、在来らしくない姿からどうも好きになれなかった。
今も好きではない。欧米では観賞用に栽培しているそうだが・・・。

ケシ目 ケシ科 タケニグサ
Img_2142


Img_2141

よく見ると花はかわいい
Img_1984


2013年7月19日 (金)

ゾウムシ

ヤブガラシにいたクモゾウムシの仲間トゲハラヒラセクモゾウムシ だろうか?

Dsc_0184


Dsc_0186


Dsc_0190


Dsc_0192


2013年7月18日 (木)

イトトンボ

昆虫で最初に写真を撮り始めたのはイトトンボのような気がする。
田舎でたくさん見ていたのに何トンボだかちっとも興味がなかった。
もっとよく見ておけばよかったな。
どんなのがいたのだろう?

キイトトンボ
Img_2209


Img_2213


2013年7月17日 (水)

またトリノフンダマシ

トリノフンダマシは何回みても撮影してしまう。

アカイロトリノフンダマシ
Img_2173

オオトリノフンダマシ♂♀
Img_2243

オオトリノフンダマシ別のカップル
Img_2183

シロオビトリノフンダマシ
Img_2250

シロオビトリノフンダマシ別の個体
Img_2249

シロオビトリノフンダマシの黒化型
Img_2235

シロオビトリノフンダマシの黒化型別の個体
Img_2184


2013年7月16日 (火)

ミバエの仲間?

ハエの顔もなかなか面白いこれはミバエの仲間だと思うのですが・・・。


Dsc_0374


Dsc_0376


Dsc_0379


Dsc_0380

2013年7月15日 (月)

ベッコウハゴロモの幼虫

細い幹にふわふわ付いている何者?
よくみると愛嬌があるなぁ。

カメムシ目 ハゴロモ科 アミガサハゴロモベッコウハゴロモの幼虫に訂正
Dsc_0338


Dsc_0337


Dsc_0335


Dsc_0341

2013年7月14日 (日)

エゴヒゲナガゾウムシ♂

まだエゴノキの実には食痕はあまり見られなっかたがこれからは
ずっと多く見られるだろう。
やっぱりこの顔は忘れられない、どうしてもカメラを向けたくなる。
去年はの顔は撮影したが♂はうまく撮れなかった。

甲虫目 ヒゲナガゾウムシ科 エゴヒガナガゾウムシ
Dsc_0300


Dsc_0301


Dsc_0302


2013年7月13日 (土)

トリノフンダマシ

こころのところブロクをさぼりがち・・・PCの置いてある場所には
クーラーはない、扇風機があるだけなのでとにかく暑い・・・・。
クーラーを使わなくなって今年で4年目になった。
まえはガンガン冷風にあたっていたが歳と共にの体にはあわなくなったようだ。
電車に乗れば鼻がぐじゅぐじゅぐで鼻水が止まらなくなる。体の表面だけが
冷えて体の芯に熱がこもったままでどうもいけない。
熱中症にならにように水をたくさん飲んで窓を開けて寝ることにしている。
てなわけで・・・ようやく出会いました。

クモ目 コガネグモ科 アカイロトリノフンダマシ
Dsc_0180


Dsc_0177

こちらは違う個体
Dsc_0213


Dsc_0212

ちゃんと帯の入ったシロオビトリノフンダマシ
Dsc_0154


Dsc_0156


2013年7月10日 (水)

ヤセバエ

モンキアシナガヤセバエとホシアシナガヤセバエと似ているのですが胸部の背面の
模様からホシアシナガヤセバエかな?はっきり撮れていなっからなぁ・・・。


ハエ目 ナガズヤセバエ科
Img_1951


Img_1956


Img_1959


2013年7月 7日 (日)

きらきら

いきなり暑くなって身体がついていかない、しかも仕事!
テンション下がりっぱなし。昨日のタマムシとこれに出会い
TVでは埴沙萠を見ていい日だったのに。
でも凄い色だな、じっくり撮りたかったなぁ。

セイボウ科 ムツバセイボウ
R0018308


R0018309


R0018310


2013年7月 6日 (土)

予感

急に暑くなってきた。湿気も凄い!
こんな日はアレが・・・タマムシに出会いそうな気が。

駐輪場に自転車を預けて歩き始めると道路に光るものが・・・
なんと、こんな所にタマムシ・・・でも潰れていた。
R0018283


R0018285

いつもの場所にくるとぶーん、ぶーんとタマムシが飛んでいた。
R0018368


R0018372


R0018395


R0018401


R0018346


2013年7月 5日 (金)

ゾウムシ4

こちらもカナムグラにつく3㎜~4㎜くらいのゾウムシ。
前はクワヒメゾウムシにしていたけどクワにつくのがクワヒメゾウムシ、
カナムグラにつくからカナムグラヒメゾウムシでいいのかな?


Img_1743


Img_1730


Img_1732


Img_1733


2013年7月 4日 (木)

ゾウムシ3

ただでさえよく解らないのに小さいゾウムシは同定がしにくいなぁ。
カナムグラサルゾウムシでいいのかな?
お尻に付いているのは・・・・・ウ○○。

Img_1780


Img_1778


Img_1776


Img_1774


2013年7月 3日 (水)

ゾウムシ2

そぉっと近づいて・・・・見つけた瞬間に見透かされたように
いつも落ちてしまうが今回は・・・。

食草:ヌルデ・ハゼ・アカメガシワ
甲虫目 ゾウムシ科 ホホジロアシナガゾウムシ
Img_1814


Img_1817


Img_1818


Img_1820


2013年7月 2日 (火)

ゾウムシ

燃料用に積み上げた薪の間にたくさんいました。比較的新しい薪が
好きなようだ。去年見かけた所にはもういなかった。

甲虫目 ゾウムシ科 アシナガオニゾウムシ
R0018270


R0018272


Img_1887


Img_1883

2013年7月 1日 (月)

初フンダマシ2

昨日は完全な休養日・・・なんかもったいないような気がしたけど
動けませんでした(u_u。)

こちら緑の森博物館の近くでも見ることできました。

オオトリノフンダマシ
Img_1724


Img_1723

白い帯がはっきりしないシロオビトリノフンダマシ
Img_1742


Img_1741

これも別の個体のシロオビトリノフンダマシ
Img_1718

Img_1716


« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック