フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« ヒメコバチの仲間? | トップページ | タバゲササラゾウムシ »

2014年10月31日 (金)

ハグロソウ

今、「長田武正」さんは僕とって旬の人です。長田さんの図鑑のスケッチを
みて草花の中にそれを見つけるのがとっても楽しいです。
でもいつも何かを見逃してしまいます(;ω;)

今回はハグロソウ(キツネノマゴ科)
Img_8583


Img_8388

カグ5、花弁5(合着)、雄蕊4、雌蕊1 2心皮
Dsc_8977


_dsc1939


_dsc1940

花がないと林床でさがすのはけっこうむずかしかった。
Img_8578

2枚の苞に包まれています。どういうわけが片方が小さい(大きい)
Dsc_2509


Dsc_2512

朔果で種子をはじき飛ばす。見てみたい。
Dsc_2499

子房上位、2室、胚珠4
Dsc_2491


Dsc_2507

« ヒメコバチの仲間? | トップページ | タバゲササラゾウムシ »

植物」カテゴリの記事

西多摩」カテゴリの記事

コメント

対象物がしっかりわかってないと描けないのでしょうね。
見たもの中からそれを特徴付ける線を捜しだして平面に
写すには凄い画力ですね。
最近ようやくスケッチの意味が少しわかったような気がします。
「野草の自然誌」に田中さんのお名前がしばしば出てきますが
そういうご関係だったのですね。
あらためて皆さんの凄さを実感しています。

長田先生の原図を見せていただいたことがあります。
A4サイズの紙にフェルトペンで、無造作に描いたような図でした。
それが図版の大きさに圧縮されると、あのすばらしい図になるんですね。
40年ほど前、保育社の「花と昆虫」を出すきっかけを作っていただいた、恩師です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハグロソウ:

« ヒメコバチの仲間? | トップページ | タバゲササラゾウムシ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック