フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« ホソヒラタアブ | トップページ | ホオズキ »

2014年10月24日 (金)

キンモクセイ

もう花なの季節は終わったのか?あの匂いがしなくなったよう・・・。
キンモクセイ雌雄異株、日本には雄木だけしかない。
キンモクセイの花の匂いは虫を寄せつけない匂いで、アブだけが大丈夫
なのだそうだ。

Dsc_2626


Dsc_2621

雄蕊が2本と不完全な雌蕊
Dsc_2615


« ホソヒラタアブ | トップページ | ホオズキ »

植物」カテゴリの記事

西多摩」カテゴリの記事

コメント

アオキは日本からヨーロッパに紹介されたときは雌木だけで
あの赤い実が見られなかったそうです。
雌雄異花、雌雄異株、両性花などがあって植物もおもしろいですね。

キンモクセイって、日本には雄木しかないのですか!
知らなかったです。
そういえばキンモクセイの実が成った、とか聞いたことないです。
とってもいい香りですが、虫は寄りつかない匂いなのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キンモクセイ:

« ホソヒラタアブ | トップページ | ホオズキ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック