フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« 笹の裏の卵 | トップページ | オオニシキソウ »

2014年11月11日 (火)

タカトウダイ

タカトウダイ<トウダイグサ科

「野草の自然誌」(長田武正)によると「おしべ、めしべれぞれは、地質時代の
昔は五体そろった花だったものを、ただ退化ひとすじの道を歩き続け、1個の
ずいまでに縮小したのだという。おしべ、めしべの柄のルーツは花柄である。
つぼは小枝の先が変化したものである。
花が退化した代わりに、花序がそのままの形に進化したのである。」

普通の花とはだいぶ変わっているこれは花ではなくて小さな花序だとして
杯状花序とよぶそうだ。といってもいまいち僕にはよくわからない。

Img_0220

アブやアリが蜜を求めてやってくるようだ
Img_0222


Dsc_7900


Dsc_8626

4つの黄色の腺体があって蜜を分泌
Dsc_8630

Dsc_2527

つぼの断面
Dsc_2488


« 笹の裏の卵 | トップページ | オオニシキソウ »

植物」カテゴリの記事

西多摩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タカトウダイ:

« 笹の裏の卵 | トップページ | オオニシキソウ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック