フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

アカザ

アカザはシロザの変種で若葉が紅紫色の粉状物におおわれる。
いまは花も終わり果実が・・・

Dsc_5205_2

ガク5・雄しべ5・雌しべ(2心皮)
Dsc_5435_3


Dsc_5437_3


Dsc_5431_3

この紅紫色の粉状物は何の為かな?
Dsc_1548_2


Dsc_2724_2


2016年10月27日 (木)

ミズオオバコ

9月に咲いていたミズオオバコがまだ咲いていた。
もう、2ヶ月ちかく咲いている・・・・。

Dsc_7330


Dsc_7339

花が落ちてひれのある果実
Dsc_1793

泥ののうえの果実
Pa230542

水に浸かって表面が溶け始めた果実
Dsc_7334

表面が溶けた果実
Dsc_7332

水からあげてみると
Pa230538

種子が見える
Dsc_6239

このあとはどうなるのでしょう?
Dsc_6241

2016年10月25日 (火)

クチナガガガンボの仲間

クチナガガガンボの仲間がアザミの蜜を吸っていた。
腕(脚)立て伏せをやるみたいに長い脚で屈伸していた。

Dsc_6360


Dsc_6206


Dsc_6367


Dsc_6368


2016年10月23日 (日)

トビイロツノゼミ

草花ばっかり見ていたら、むしになかなか出合えない。
久々のむし!まぁたいしたことはないけどなんだか嬉しい。
トビイロツノゼミだよ。

セイダカアワダチソウにいました。
Dsc_6420


Dsc_6405


Dsc_6401


Dsc_6416


2016年10月21日 (金)

ススキ

もう穂になっているのも多いけどススキの花粉もけっこう
飛びます。


Dsc_6359


Dsc_6497

Dsc_6908

白いブラシ状の雌しべ
Dsc_4716

芒がある
Dsc_4714

2016年10月19日 (水)

ベニバナボロギク

ベニバナボロギクの花、よく見るとこれもおもしろい。

雌しべが花粉を押し上げている。
Dsc_1507


Dsc_0870

しばらくすると花柱が二つに割れてくる
Dsc_0867_2

雌しべが伸びていく
Img_0001

小花
Dsc_5944

果実が熟すると
Dsc_5957

ガクの位置にある冠毛によって風に飛ばされる
Dsc_5949_edited1

花ももう終わり・・・
Img_2484_2

2016年10月17日 (月)

オオヤマハコベ(2)

9月19日に行った裏高尾のオオヤマハコベが気になったので・・・再度。
どんな種子散布をするのかな?以外にもひっつきむしでした。

ナデシコ科 ハコベ属
Dsc_5821

ガク5 花弁5 雄しべ5 雌しべ1 3心被 子房上位
Dsc_5812_2

ガクや茎の繊毛で粘る
Dsc_5817

茎と花柄で切れる
Dsc_5834

矢印で切れる、右は切れた跡
Img_0001

果実は裂開しない
Dsc_5844

果実は1種子がはいる
Dsc_6035


2016年10月13日 (木)

ヨモギ

ヨモギの花をじっくり見るとなかなかきれいだ。

中心部に両性の小花、周りに雌の小花が並ぶ
Dsc_4364

雌の小花と両性の小花がある
Dsc_4363

一つの頭花
Dsc_5513

総苞に包まれた頭花を崩すと
Dsc_5502

左が雌の小花、中・右が両性の小花
Img_0001


Dsc_4360


Dsc_4804


Dsc_6475

キク科 ヨモギ属の多年草
Pa010224


2016年10月12日 (水)

コミカンソウ

トウダイグサ(コミカンソウ)科 コミカンソウ属
畑や道端等に広く分布する一年草

Dsc_6645


上部の葉腋に雄花、下部の葉腋に雌花がつく
Pa090271

花被片6・雄花雄しべ3・腺体6
Dsc_5299

花被片6が残る
Dsc_9652

子房上位・雌しべ1(3心被)
Dsc_5131


Dsc_5125

2016年10月11日 (火)

ヌルデ

観察会で・・・
ヌルデの果実に白い塩のような物質が、舐めてみると塩ののように
しょっぱい。

ちょっと湿っていました
Dsc_5367_2

昔は塩の代用品として使用したそうな・・・
Dsc_5365_2

この白い物質はリンゴ酸カルシウムだそうです。
Dsc_6788_2

たくさん果実が付いていました
Dsc_6790_2

虫こぶヌルデミフシもありました。
Dsc_6793

わってみると虫がいっぱい。
Dsc_5370

ヌルデシロアブラムシです。ちょっとかわいいかな?
Dsc_5371

2016年10月 9日 (日)

ホソバヒメミソハギ

ミソハギ科 ヒメミソハギ属
水田などの湿地に生える1年草、 熱帯アメリカ原産の帰化植物
ガク4(合着)・雄しべ4・雌しべ1・子房周囲

Dsc_6268


Dsc_6269


Dsc_4491


Dsc_4494


Dsc_4495


Dsc_4496


2016年10月 7日 (金)

コキア

コキア(ホウキギ・ホウキグサ)秋に収穫できる実は「とんぶり」、
「オカキャビア」と呼ばれ、食用になり両性花と雌花があります。

こちらは両性花、まだ葯が弾けていない。
Dsc_4929

葯が弾けて花粉が出ている。
Dsc_4923

雌しべは小さい
Dsc_4922

雌花
Dsc_4931

上段雌しべ・中段まだ葯が弾けていない両性花・葯が弾けた両性花
Dsc_4927

果実葉や茎等が赤く色ずく
Dsc_2632

やや色づいた
Dsc_2269

春は緑がきれい
Dsc_0915


2016年10月 6日 (木)

クワクサの種子散布(2)

今年もクワクサの種子散布に挑戦。
記事は去年11月4日、動画は11月9日にUPしていますが
今回はどうでしょう?

果実がたくさんあります。
001

こちらは雌花、雌しべの柱頭が見られます
002


003


004

005

花被を取り除いてみました、右下は果実を放出後の外果皮
006_2

果実を放出後の外果皮
007

果実(痩果)
008

中心のほうが雄花、赤い紐状の花柱
009

緑いろの花被が4枚
010

花糸が巻いた状態の雄花
011

花糸をカテンソウと同じようにピーンと伸ばして花粉を飛ばす。
田中肇さんによると朝9時30分頃までだそうです。
012

クワ科 クワ属
013

参考: クワクサの種子の飛ぶ仕組み等はHP[『木のメモ帳 廣野 郁夫]に
         詳し書かれています
         
         講談社学術文庫・著 長田武正 『野草の自然誌』

2016年10月 4日 (火)

だれの卵?

だれの卵だろう?
むしの卵は不思議で美しい・・・。

Dsc_4926_2


Dsc_4923_2


Dsc_4931

ムクノキの葉裏にいました。
Dsc_6589


Dsc_6587


2016年10月 2日 (日)

ハスジカツオゾウムシ食事中

ハスジカツオゾウムシがコメナモミの葉を一生懸命たべている。
カイコがクワの葉をようにゾウムシもこんな食べ方をするのですね。

コメナモミの葉を食べる。
P9250068

コメナモミ

Dsc_6396

ウスアカオトシブミはこんな食べ方ではなっかた・・・。
4

ヤブガラシの蜜にきたトホシオサゾウムシ。
Dsc_3862

こちらはアシタバの花粉?にきたトホシオサゾウムシ。
Dsc_5902

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック