フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« マツの雄花と雌花 | トップページ | ハラグロオオテントウ »

2017年5月 3日 (水)

イロハモミジ

普段はあまりじっくりみないモミジの花・・・雄花と両性花が混在する。
がく5、花弁5、雄しべ8、雌しべ1

雄花
Dsc_00491

雄花、横から
Dsc_0058

葯からまだ花粉が出ていない
Dsc_0053

両性花、雄しべがあるが、雄花の雄しべと比べて葯が小さく、裂開しないまま終わる。
Dsc_0066

横から
Dsc_0042

上から
Dsc_0060

雄花と両性花
Dsc_0068


Dsc_2720


Dsc_2722_2

« マツの雄花と雌花 | トップページ | ハラグロオオテントウ »

植物」カテゴリの記事

狭山丘陵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562784/65231216

この記事へのトラックバック一覧です: イロハモミジ:

« マツの雄花と雌花 | トップページ | ハラグロオオテントウ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック