フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« ゴマダラオトシブミ | トップページ | アサギマダラ »

2017年11月 8日 (水)

ドクダミ

いつでもどこでも見れるのだがこの種子はまだみていなかった。

 

種子がのぞいている。
Dsc_0690

 

種子にはこんな模様がある。
Dsc_0707

 

この目盛は0.5㎜。
Dsc_0692

 

今の姿はこんなふうです。
Dsc_0681

 

果実。
Dsc_6673

 

花粉が出ている雄しべと柱頭が三つに分かれた雌しべ。
Dsc_0531

 

まだ雄しべから花粉が出ていない。
Dsc_2710

 

花は3本の雄しべと雌しべからなる。
Dsc_0570

 

花穂。
Dsc_0902

 

4枚の総苞片の包まれた若い花穂。
Dsc_0594

 

さらに若い花穂。
Dsc_0609

 

 

Dsc_0598

 

 

Dsc_2707

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ゴマダラオトシブミ | トップページ | アサギマダラ »

植物」カテゴリの記事

狭山丘陵」カテゴリの記事

種子散布」カテゴリの記事

コメント

田中さんが見ていないのがあるなんてちょっと
嬉しいですね。
知っていると思っていても自分の目でじっくり
確認していきたいです。

種子は縄文土器の壷に入った高級果実といった感じですね。
若い実は見ましたがこうなるとは知りませんでした。
まねして撮ることにします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドクダミ:

« ゴマダラオトシブミ | トップページ | アサギマダラ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック