フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« コミミズクの幼虫 | トップページ | オナガグモ »

2017年11月28日 (火)

シギゾウムシの仲間

こちらも先週のギボッチで出会ったゾウムシ、この季節
毎年みかけるのだがいまいち何者かはっきしない。
コナラシギゾウムシ、クリシギゾウムシ、クヌギシギゾウムシ
そしてニセコナラシギゾウムシなんていうのもいる。

擬木の上では味気ないのでコナラのかれ葉に移動させたが
追っかけるのが精一杯になってしまった。
Dsc_1081

Dsc_1082


Dsc_1083


Dsc_1101


Dsc_1119


Dsc_1128


« コミミズクの幼虫 | トップページ | オナガグモ »

甲虫1(ゾウムシ)」カテゴリの記事

狭山丘陵」カテゴリの記事

コメント

どうなのでしょうねぇ、考えたこともなかったので・・・?。
触角は頭部に生えているものだとするとそこまでが
頭部になるなのかな?
口器もドングリに穴を開けたり食物を採取するので
なんらかの感覚器の役目はあるのでしょうねぇ。
何処かになにか書いてあるか調べてみたいと
思います。


写真を見ていて気になったのですが。

ゾウムシって触角が生えているところまでが頭部なんでしょうか。
それとも本当の触角はなくなって、口器の一部が触覚の働きをしているのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シギゾウムシの仲間:

« コミミズクの幼虫 | トップページ | オナガグモ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック