フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

タケウチトゲアワフキ

今年はなんでも早いようなのでどうかな?と思ったが出会いました。
去年は5月21日にたくさん出会った。
シナノキ・オオバボダイジュ・ヘラノキ等に付く。

Dsc_6267

Dsc_9151


Dsc_9173


Dsc_9128


Dsc_9142


Dsc_9138

幼虫はこのチュウブ状の中で過ごす
Dsc_3767


Dsc_6015


2018年4月26日 (木)

ハナイカダ

去年、師匠(広沢さん)のフェイスブックでハナイカダの芽鱗に花が咲くと話題に
なり今回、南高尾の観察会でも話題になった。雄花しか咲かないという話だったが
去年、雌花を見つけて師匠のフェイスブックに投稿したはずだったが・・・さて・・・
調べた見たら8月の発表会で発表していた。

芽鱗に付いた雄花
0011

こちらは芽鱗に付いた雌花
0012

芽鱗に付いた雌花が果実に
0016

開きかけた蕾
0006

展開し始めた蕾
0007

ハナイカダ雌木
0001

雄花
0003

雌花
0004


脇芽として発生した花序の軸がこの脇がを抱く葉の軸と葉身の軸と
真ん中あたりまで合着。
0021

合着したところの葉の断面
0023

雌花の蜜にきたアリ
0014

雌花の蜜にきたオジロアシナガゾウムシ
0015

果実
0017

熟した果実
0018

種子
0019


2018年4月19日 (木)

第13回ワイワイ学校作品展

やっと仕事帰りに行ってきました。
今回のテーマは「身近な植物のびっくり!」だそうです。
植物の美しさと不思議をあらためて感じます。

案内パンフレット
月~土・・・10:00~23:00/日・祝・・・10:00~22:00
Img_20180418_0001

ポストカード撮影:金子紀子 構成:多田多恵子 
シンビジューム・ルリハコベ・ヤノネボンテンカ・トサミズキ・ツクバトリカブト・ヒメハギ
Img_20180418_0002

ポストカード撮影:和田球司 構成:多田多恵子 イヌコハコベ
Img_20180418_0004

展示風景
P4171459

過去の「ワイワイ学校作品展」が見られます。

2018年4月17日 (火)

ヤマモモ

こちらも4月7日の観察会でみたヤマモモの雌花(雌木)と雄花(雄木)です。
目のの高さで見られるのはなかなかありません。ここの木はちょうど目の高さでした。

雌木
Dsc_49411847

雌花
Dsc_74191847

雌花の拡大写真
Dsc_74201847

雄木、雄花がめだちます
Dsc_49441847

雄花
P40714101847

雄花の拡大写真
Dsc_74141847

2017年4月27日の雌花、子房がふくれてきました
Dsc_046817427

2017年4月27日の雌花
Dsc_047417427

2017年5月7日の雌花(果実)
Dsc_23581757

2017年5月7日の雌花(果実)
Dsc_23631757

2017年5月7日の雌花(果実)
Dsc_23601757

2017年5月14日の果実
Dsc_425117514

2017年5月14日の果実
Dsc_264817514

2017年5月14日の果実の断面
Dsc_265417517

2018年4月14日 (土)

カラスノエンドウの花外蜜腺

花外蜜腺はいまいち役割がよくわからない、植物がアリを
用心棒のためにというのが一般的だがどうなのだろう?
このカラスノエンドウにはけっこうアブラムシが付いてい
いるがアリさんの一人儲けのように思えるのだが?・・・

托葉にある花外蜜腺
Dsc_0544

蜜がでています
Dsc_6838

蜜腺にきているキイロシリアゲアリ?
Dsc_7194


Dsc_7201

こちらはアミメアリ
Dsc_4725

クロヤマアリ
Dsc_7347


Dsc_7351

こちらはトビイロケアリかな・
Dsc_6831


Dsc_6832


2018年4月 9日 (月)

コナラ

一年中いろいろなシーンをと思っているのですが
なかなか連続的には観察できないのが残念・・・
定例の観察会で雄花と雌花を撮影したので過去の
ものと繋げてみました。

紐状に垂れ下がったものが雄花です。(2018年4月7日)
Dsc_480147

こちらが雌花(2018年4月7日)
Dsc_729947

拡大すると花粉が付いていいるのがわかります(2018年4月7日)
Dsc_732847

開きかけの雄花(2018年4月7日)
Dsc_7294

開ききった雄花(2018年4月7日)
Dsc_161653

葯が裂けて花粉がこぼれます(2018年4月7日)
Dsc_729647

雌花(2015年4月17日)
Dsc_5750417

雌花(2017年4月27日)
Dsc_0531427

雌花、もう果実?(2015年5月4日)
Dsc_538454

果実(2017年6月4日)
Dsc_584064

果実(2017年6月20日)
Dsc_9262620

ドンぐりらしくなってきた(2015年8月8日)
Dsc_092788


« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック