フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« 富士山 | トップページ | 越冬中 »

2018年12月13日 (木)

コカゲロウの一種

日曜日の定例観察会で・・・。
この季節ヤツデをみるとどうしても葉っぱを
めくりたくなります。
ターバン眼は何度みても不思議です。

Dsc_8259

Dsc_8249

Dsc_8251

Dsc_8254

Dsc_8256

« 富士山 | トップページ | 越冬中 »

その他のむし」カテゴリの記事

南多摩」カテゴリの記事

コメント

『ムシをデザインしたのはダレ?』さんと仲間の方
のブログはよく見させてもらっています。参考に
なります。
これからもいろいろな生き物とたくさん出会いたいですね。
紫さんのブログ再開心待ちにしています!

イツツモントビコバチは、1.8mm位の小さいトビコバチですが、
翅を立てて歩いているので目につきやすいかもしれません。
前回コメントに書かせてもらった、
「口元がオレンジ色で体色が青緑色の頭でっかちの2ミリ位のコバチ」は、
Pachyneuron sp. というコガネコバチ科の一種らしいことが分かりました。
『ムシをデザインしたのはダレ?』様のブログに載っていたのです。
ブログ再開できるといいのですが。(同じことばかり言ってますね(^^;)
その時は真っ先にお知らせしますね!

わあぁ!さすが紫さんですねぇ。
いろいろみていますね。
イツツモントビコバチ見たことありません。
ブログの再開はまだですか?
是非みてみたいなぁ。

よく出会うのは、ヒメコバチ科・トビコバチ科・ツヤコバチ科・
ナガコバチ科の仲間あたりです。
オレンジ色の胸部にトゲがある2ミリ位のコバチとか、
体色が青色で頭部が青緑色の2ミリ位のナガコバチに似たのとか、
口元がオレンジ色で体色が青緑色の頭でっかちの2ミリ位のコバチとか、
上手く言い表せませんが、色々なのがいるんですよ。
名前が分かったのでは、10~11月に何度か見たイツツモントビコバチ
というのが姿も動きも面白くて忘れられません!


コバチの季節の季節になりましたか・・・
コバチの情報は少なくてなかなか難しいですね。
紫さんはどんなコバチに出会っているのでしょう?

コカゲロウのターバン眼、
たざびーさんのブログで初めて知って、
それから気をつけて撮るようになりました。
横から見ると本当にターバンみたいで可笑しいですね。
こちらではコバチの季節(?)に突入しまして、
嬉しい悲鳴をあげているところです(^^;
名前は分からないものばかりなんですが、
色々な種類がいて飽きないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コカゲロウの一種:

« 富士山 | トップページ | 越冬中 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック