フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« ニワトコの花外蜜腺 | トップページ | カリンの葉 »

2019年4月 1日 (月)

カツラの葉の腺点

観察会でカツラの新葉をみたら腺点がありました。
調べてみるとこんな記事がありました。
『鈍鋸歯の先端には1個ずつ腺点(せんてん)があり,
そこから甘い香りを放つ。』
参考:林産試験場「道産木材データベース」

http://www.hro.or.jp/list/forest/research/fpri/index.html

Dsc_1778

 

 

Dsc_2503

 

 

Dsc_2938

 

 

Dsc_2980

 

表から撮影
Dsc_2936

 

こちら裏側から
Dsc_2940

 

さらに拡大
Dsc_2939

« ニワトコの花外蜜腺 | トップページ | カリンの葉 »

植物」カテゴリの記事

西多摩」カテゴリの記事

コメント

つついてみると結晶状になっていました。
マルトールという物質のようです。

これについて記事がありました。
日本植物生理学会:みんなのひろば>植物Q&A>カツラの甘い香り
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=3148

先日カツラの若い枝を見たので、腺点も確かめました。
味がするかなと舐めてみましたがまったくの無味、
しかも舐めた点々は減りもしない。

これは何でできてるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニワトコの花外蜜腺 | トップページ | カリンの葉 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック