フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月29日 (金)

タケウチトゲアワフキ

ここにもシナノキの仲間があるのでどうかな?と覗いてみたら

あっけなくいました。

Dsc_4741

 

Dsc_4768_20220429212001

 

Dsc_4770

 

Dsc_4764_20220429212001

 

 

 

 

 

2022年4月27日 (水)

ヤナギの種子散布

まだヤナギの花を見たかったのですが雌花序はもう綿毛に包まれていた。

ふわふわ漂っている綿毛はどんなふうに出てくるのかみてみました。

P4230192

 

P4240877

 

P4230193

 

果実が割れて綿毛が出ている

Dsc_3740

 

Dsc_3718

順番にみてみると

Dsc_3963

 

Dsc_3964_20220427204401

 

Dsc_3965_20220427204401

 

Dsc_3969_20220427204401

 

Dsc_3970_20220427204401

綿毛の中のつぶつぶが種子です

P5021310

種子

P4230216_20220427204401

 

 

 

2022年4月24日 (日)

イヌコリヤナギ

いろいろじっくり見たいなぁと思っていてもどんどん季節が進む・・・。

 

イヌコリヤナギの雄花、虫こぶも付いてます。

Dsc_2463

雄花

P3270543

雄花

P3270555

雄花、雄ずい2 花糸は合生して1本になっている。腺体は1

P3280042

雌花

P3270561

雌花

P3270539

雌花

P3270557

2022年4月13日 (水)

タチヤナギ

季節がどんどん進んでいく、植物も形をどんどん変えていく・・・・。

タチヤナギの雌花

001_20220413210901

雄花の花序-1

002_20220413210901

雄花の花序-2

003_20220413210901

雄花の花序-3

004_20220413210901

花序の断面の表側 子房の付け根に腺体があります

005_20220413210901

花序の断面の裏側 子房が苞に包まれています

006_20220413210901

小花

007_20220413210901

雄花

008_20220413210901

雄花の花序

010_20220413210901

雄花の 花序の断面

011_20220413212301

雄花の小花 雄しべ3 腺体2(画像では見えていません)苞1

12

 

参考:原色日本植物図鑑 北村志郎 村田源 保育社

   キタの部屋(K)

 

2022年4月11日 (月)

奥武蔵のむしたち

土曜日に奥武蔵に仲間と観察に行ってきました。

どうしてもむしの方に目がいってしまいます。

 

サクラの葉にはタカハシトゲゾウムシ

Dsc_4463

セモンジンガサハムシ

Dsc_4461

キベリトゲハムシ

Dsc_4467

トビハムシの一種

Dsc_4468

ガードフェンスにコガタカメノコハムシ

Dsc_4472

??ハチ

Dsc_4445

ヒゲナガカメムシ

Photo_20220411202801

ミツボシツチカメムシ

Dsc_4452

2022年4月 8日 (金)

イヌガヤの雌花

イヌガヤの雌花をみることができました。胚珠の先端に液がたくさんついていましたが

これは珠孔が受粉時に開孔して胚孔液(受粉滴)を分泌、珠孔液に取り込まれた花粉が

珠孔から内部に引き込まれるのだそうです。

P4070011

 

P4070012

 

Dsc_4302

 

Dsc_4275

 

Dsc_4346_20220408211101

 

 

Dsc_4307

若い種子

P4070013

 

Dsc_4298

 

Dsc_4300

種子

P7180007

 

P9260053

 

 

2022年4月 6日 (水)

タマゴケ

このコケは間違いなく覚えられます。いつみても綺麗です。

 

P4020114

 

P4020108 

 

P4020112

 

Dsc_4256

 

Dsc_4257

 

Dsc_4259

 

Dsc_4258

2022年4月 1日 (金)

カナムグラの発芽

去年の観察会で初めて知ったカナムグラの種子の中のカタツムリ状の胚

面白い形だなぁ、どんなふうに芽が出るのかしら?

 

001_20220401224801

種子の断面

002_20220401224801

幼根が出てきました

003_20220401224801

種皮を取ると

004_20220401224801

幼根が伸びてきました。

005_20220401224801

もっと伸びました

006_20220401224801

種皮をとると子葉がみえた

007_20220401224801

ゼンマイがほどけるように伸びてきました

008_20220401224801

こんなふうに生えました

009_20220401224801

子葉と本葉

010_20220401224801

 

011

 

012

 

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック