フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月29日 (水)

クルミの葉っぱ裏のむしたち

クルハムシやカメノコテントウはもういなくなってクルミの葉っぱ裏

にはこんなむしたちがいました。

 

やっぱり一番はオニグルミキモンカミキリですね。

Dsc_7264

クルミミドリカスミカメ

Dsc_7230

オニグルミグンバイ

Dsc_7329

クルミヒロズヨバイ

Dsc_7334

クルミツヤクロカスミカメ

Dsc_7330_20220629213001

桑の木ではないのにオーマンクワキヨコバイ

Dsc_7225

ヒメアカボシテントウ

Dsc_7234

カシルリオトシブミ

Dsc_7235

クロツヤテントウ

Dsc_7243

リンゴコフキハムシ

Dsc_7343

何ガでしょう?

Dsc_7253

 

2022年6月27日 (月)

キジョランの果実

去年6月14日にもみたキジョランの果実今年も見ることができました。

前回アサギマダラの蛹を見たときには全く気付きませんでした。

 

さてどこにあるでしょう?(この画像で5個みえます)

P6250237

 

P6250217

 

P6250215

 

P6250216

 

P6250218

 

P6250239

大きさはみなこれくらい。

P6250245

アサギマダラの幼虫もいました。

Dsc_7312

この5か所です。

P62502371

 

 

 

2022年6月25日 (土)

ジャコウアゲハ

こんな住宅地でジャコウアゲハがひらひら飛んでいた。

 

P6230116

 

P6230119

 

P6230120

 

P6230125

 

P6230130

やっぱり産卵に来たようだ。

P6230138

 

P6230137

 

2022年6月19日 (日)

ヘビ2種

ススキの葉っぱ裏を見ようと思ったらヤマカガシに出会った。

いつもながらこちらがびくっと反応すると・・・。

P6180326

目があった。

P6180327

棒のようになっていたアオダイショウを撮影したかったのだが縮んでしまった。

P6190092

2022年6月18日 (土)

トリノフンダマシ

クロコノマチョウの幼虫が見られるかな?と思ってススキを捲ってみたが・・・

 

トリノフンダマシでした。

P6180256

 

Dsc_7037

こちらはシロオビトリノフンダマシ

P6180318

 

Dsc_7069

 

2022年6月15日 (水)

ユウゲショウ

雨上がりのあとのユウゲショウ・・・雨滴散布でした

 

P6120141

 

P6120147

 

P6120144

 

013_20220615204101

2022年6月 2日 (木)

テイカカズラ

テイカカズラの花の仕組みを調べてみました。いろいろな方が本やSNSで書かれている

ので参考にさせて頂きました(最後に表記)。

001_20220602202701

円柱形の長い花筒に5枚の花びら付いています。

002_20220602202701

蕾は捩じれています。

003_20220602202701

花弁を表面から撮影、チョウやガが口吻を差し込む穴が5こ並んでいます。

中央には雄しべの先端がみえます。

008_20220602202701

花筒上部の断面(左)口吻を差し込む5この穴と5本の雄しべの隙間(赤矢印)009_20220602202701

花筒の断面

004_20220602202701

花筒上部の断面、柱頭上部の周囲にある粘液に花粉がつく。

005_20220602202701

花筒の下部、子房2、ガク5、腺から蜜が出る。

006_20220602202701

チョウやガが口吻を差し込み引き抜く時に花粉が口吻に付く。

012_20220602205601

更に引き抜くと。

013

花弁の正面からみると。

011_20220602205801

やや斜めがら・・。

010_20220602205801

花筒を取り除き雌しべをみる。柱頭の上に粘液状の塊があり雌しべの先端が見られる。

この粘液状の塊と雌しべの先端は柱頭から簡単に外れる(これについては他の方も説明がない)

007_20220602202701

構造図

014

 

下記を参考にいたしました。

※千葉県立中央博物館 生態園いきもの観察日記

※杉並の自然学 植物/テイカカズラ

※はるなつあきふゆ夕菅の庭 テイカカズラ[花木(初夏]

※石川の植物 植物観察図鑑 FILE55 テイカカズラ

※小学館 園芸植物大辞典

 

 

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック