フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

その他のむし

2024年1月30日 (火)

まだいろいろいます

葉っぱの裏にはまだいます。

 

ハモグリガの1種

01p1200001

ハモグリガの1種

02dsc_5821

ハモグリガの1種

03p1200010

ハモグリガの1種

04dsc_5907

ミドリヒメカゲロウ

05p1200021

ミドリヒメカゲロウ

06dsc_5962

ノミバエの1種

07p1280029

ノミバエの1種

08dsc_6115_20240130205101

キモグリバエの1種

09p1280023

キモグリバエの1種

10dsc_6082

ヤツデキジラミ

11p1280008

ヤツデキジラミ

12dsc_6023

 

2024年1月 3日 (水)

元旦のギボッチ

元旦のギボッチ。

イチモジフユシャク

P1010093

 

Dsc_5511

こちらは??フヤシャク

P1010052

 

Dsc_5417

 

Dsc_5426_20240103200901

クロバネフユシャクかな?

P1010054

 

Dsc_5422

コミミズクの幼体

P1010081

 

Dsc_5476

??ゾウムシ

P1010087

 

Dsc_5491

 

左トビムシの一種、右カシヒメヨコバイ

P1010049

トビムシの一種

Dsc_5451

カシヒメヨコバイ

Dsc_5403

チャタテムシの一種の幼体

P1010050

 

Dsc_5413 

ウロコアシナガグモ

P1010109

 

Dsc_5538

オナガグモ

P1010103

 

Dsc_5523

ハエトリグモの一種の幼体

P1010098

 

Dsc_5518 

ツヤアオカメムシ

P1010069

 

Dsc_5431

 

 

 

 

2022年3月 5日 (土)

マルトビムシの一種

久しぶりの出会いでした。

 

Dsc_3685 

 

Dsc_3682

 

Dsc_3671

 

Dsc_3676

 

Dsc_3678

 

Dsc_3679

2022年2月12日 (土)

トビムシの一種

こんな所にアヤトビムシの一種がいました。

 

P2110030

 

Dsc_3016

 

Dsc_3024

 

Dsc_3026

 

P2110035

 

P2110028

2021年4月11日 (日)

オケラ

田舎では見ていたが東京ではじめてかなぁ

掌に捕まえた感触は小さい頃を思い出せる。

P4100260

 

P4100263

 

P4100265

 

P4100270

 

P4100273

 

P4100274

 

P4100267

 

P4100268

2021年2月17日 (水)

小石川植物園でもめくってみました

ヤツデがあるとついめくってしまいます。

 

やっぱりここでは種類が少ない。一番はこれ・・・

めくるとクロスジホソサジヨコバイの幼体だらけ‼

P2118927

 

Dsc_1906

 

メス

Dsc_1919

 

オス

Dsc_1901

 

2番はヤツデキジラミ

Dsc_1898

 

ヤツデキジラミ成体

Dsc_1907 

 

これもどこでもいるウロコアシナガグモ

Dsc_1918

 

こちらもよくみるヨコバイ

Dsc_1915

 

チャタテムシの幼体

Dsc_1926

 

コナカゲロウの繭

Dsc_1910

 

コナカゲロウの幼体

Dsc_1922

 

やっとみつけたヒメコバチの一種

Dsc_1905

 

 

2021年1月17日 (日)

擬木ウオッチ

昨日は今年はじめての擬木ウオッチ、暖かくてよい観察日和だったが

収穫は全くなし、それでも・・・。

コミミヅクの幼虫

Dsc_1248

 

ヨコバイの仲間?

Dsc_1250

 

クサカゲロウ

Dsc_1223

 

フュシャクの一種

Dsc_1225

 

一番の収穫は、久しぶりにお会いしたA氏でした。しばらく近況(昆虫たち)を

お聞きしました。やはりだいぶ少なくなったようだ。

P1168830

 

2020年8月 2日 (日)

今日出会ったむしたち

やっぱりむしを追っかけてしまいました。

観察仲間と一緒のT.Kさんに久しぶりお会いしました。

 

ちいさいものはかわいい。

Dsc_2688_20200802220201

 

Dsc_2685_20200802220201

 

Dsc_2683_20200802220201

 

オオチャバネセセリの幼虫。

Dsc_2696_20200802220201

 

アカハネウンカ。

Dsc_2608_20200802220201

 

アカイリトリノフンダマシ。

Dsc_2643_20200802220201

 

黒色化したシロオビトリノフンダマシ。

Dsc_2701_20200802220201

 

ツノトンボここで見たのははじめてかな?

P8024748

2020年3月22日 (日)

春の虫たち

玉川上水駅から鷹の台駅まで玉川上水沿いを歩いてみました。

春の花を目指していたのにいつのまにかギボッチになってしまいました。

さてどこにいるでしょう?

P3218880 

 

ここです。

P32188801

 

ヨツボシチビヒラタカミキリ

Dsc_6553

 

P3218886

 

P32188861

 

ノミゾウムシの一種

Dsc_6559

 

P3218890

 

P3218895

 

P32188951_20200322213501

 

コゲチャホソクチゾウムシ

Dsc_6576

 

P3218905

 

P3218933

 

P32189331

 

トビナナフシの幼虫 修正:ナナフシモドキの幼虫

Dsc_6614 

 

P3218940

 

P32189401

 

トラフコメツキ

Dsc_6620

 

P3218946

 

P32189461  

 

ヒメアカホシテントウ

Dsc_6630

 

 

 

 

2018年12月13日 (木)

コカゲロウの一種

日曜日の定例観察会で・・・。
この季節ヤツデをみるとどうしても葉っぱを
めくりたくなります。
ターバン眼は何度みても不思議です。

Dsc_8259

Dsc_8249

Dsc_8251

Dsc_8254

Dsc_8256

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック