フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

奥多摩

2017年3月27日 (月)

フキの雌株と雄株

春の味覚の代表の山菜のフキノトウ、いつも見慣れているのだが
じっくりとは見ていなかった。
雌株と雄株とあるのは知っていたがどう違うかと聞かれたら???
ということで調べてみなした。

Img_4724

雄株・・・キク科で総苞に抱かれた小花はすべて筒(管)状花で両性花であるが種子ができないので機能的には雄花。
P3182247

雄株。
Dsc_7208

花粉が柱頭にたくさんついています。
Dsc_7985

ガクの位置にある冠毛、合着した5枚の花弁、雄しべは5、葯が合着。
003

合着した葯から花粉がこぼれ、花柱が伸び柱頭で花粉を押し上げる。
005

柱頭に花粉が付く。通常の両性花では柱頭が二股に分かれ受粉をするが雄花はこのまま・・・。
004

雌株。
Dsc_0909

雌花の花柱は雄花に比べるとかなり細い。
Dsc_7535

小花の中央付近に少数の雄花と同じ形をしているものがある。
Dsc_7259

雄花と同じ形をしていいるが葯は萎んで花粉を出さない。
006

雌花、柱頭が二股に分かれ受粉する。間違いがあったので差し替えます(退化した雄しべまたは雄しべは退化)
007_2


参考
野草図鑑 保育社 長田武正
原色野草観察検索図鑑 保育社 長田武正
野花手帳 秘められた性生活 フキ 山と渓谷 多田恵子


2014年5月16日 (金)

ヨツキボシハムシ

どこかで見たことあるような?ないような?イタドリハムシや似たような
色合いのハムシ他にもいて・・・・でもよく見ると初めてでした。
ヨツキボシハムシのようです。食草はウシハコベなんか意外。

Dsc_2764


Dsc_2765


Dsc_2766


Dsc_2769


2013年8月27日 (火)

白と黒

白と黒の蛾
御岳山ロックガーデンで見かけました・

シャクガ科 アミメオオエダシャク 開張60mmくらい。
Img_2714


Img_2713

シャクガ科 シロオビクロナミシャク こちらはやや小さめ。
R0018735


R0018734

ヤガ科 アオアカガネヨトウ  白と黒に見えるけど、名前は・・・。
R0018727


R0018726

2013年8月21日 (水)

キク科

御岳山はやはり里山では見られない花々が多い・・・

キク目 キク科 モミジガサ  シドケとも呼ばれ山菜
 とは別種の テバコモミジガサのようです。
Img_2625


R0018730


オクモミジハグマ
Img_2639


Img_2608


R0018686

ムラサキニガナ
Img_2663


R0018702


2013年8月20日 (火)

シソ科

イブキジャコウソウは伊吹山に行った時に教えて貰った気がする。
ジャコウソウと言うのもあったんだ・・・。
匂いはしたのかな?試していない。

シソ目 シソ科 ジャコウソウ
Img_2666


Img_2755


Img_2719


R0018742

イヌトウバナ
Img_2692_2


Img_2691


R0018721


2013年8月19日 (月)

ホトトギス

御岳山では昆虫の影がうすかったので植物を・・・

ユリ目 ユリ科 タマガワホトトギス
Img_2744


Img_2738


Img_2736

こちらはヤマジノホトトギス
Img_2610


Img_2590

2013年8月18日 (日)

レンゲショウマ

1台カメラは入院中だし暑いし出かけるのはやめようと思ったけど・・・
植物の観察会があったので御岳山に行ってきました。
今の御岳山といえばやはりレンゲショウマでしょうねぇNHKのTVでも
放映していたしなぁ人が多いのだろなぁ・・・・思っていたとおりの人でした。
やれやれ・・・・でもまぁ行った甲斐はありました。御岳山はレンゲショウマ
だけではありませんね。でもやっぱり撮影しました。

キンポウゲ科 レンゲショウマ
Img_2567


Img_2614


Img_2615

2013年5月30日 (木)

ハムシダマシとゾウムシ

スゲハムシだと思っていたらちょっと違うようだ。アオハムシダマシというのが
いるようでそれかなぁ・・・。

R0016318


Img_0193_2

これもそうかなぁなんて思っていたけどこれはヒラズネヒゲボソゾウムシ?のようだ。
Img_0120


Img_0117


Img_0112

2013年5月29日 (水)

キジラミ

覚えているつもりだったのだけど何の葉っぱだったろう?
ちゃんとメモをとらないと直ぐ忘れてしまう。
こんなきれいな色のキジラミがいたのですが・・・。

Img_0081


Img_0083


Img_0084


2013年5月28日 (火)

ミヤマハハソ

御岳山で教えていただいた「ミヤマハハソ」アワブキ科で「スミナガシ」
「アオバセセリ」の食草。

「ハハソ」は古名で「コナラ」のことだそうだ、そういえば葉が似ているかな?
R0016363


R0016364

アワブキは狭山丘陵や多摩丘陵にもみられるがあまり多くないしぽつり、ぽつりと離れて生えている。
R0015093

スミナガシ   2009年8月14日高尾    
090814img_0076

アオバセセリ  2011年8月28日横沢入  
Img_0025

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック