フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

甲虫1(ゾウムシ)

2019年5月23日 (木)

ツツムネチョッキリ

この季節に梅の実でよくみられるがよく見ないと

見逃してしまう。交尾中の個体もいたのだが残念・・・。

 

なかなかじっとしていてくれない。

P5199859

 

Dsc_5386

 

Dsc_5366

 

Dsc_5373

 

Dsc_5365

 

Dsc_5368

 

Dsc_5461

2019年5月19日 (日)

アシナガオトシブミ

アシナガオトシブミは初めて出会ったような・・・

コナラの葉っぱの上で、ちょっと寸詰まりで赤い上翅が目立ちます。

P5049252

 

P5049256 

 

P5049251

 

Dsc_5406

 

Dsc_4842

 

Dsc_4833 

 

 

2019年5月13日 (月)

ルイスアシナガオトシブミ

ケヤキの葉で揺籃をペアで作成中のルイスアシナガオトシブミ

 

001

 

002_1

 

003_1

 

004_1

こちらはなんだかモメています

005_1

 

006_1

 

007_1

 

Dsc_5068_1

 

Dsc_5072_1

 

Dsc_5096_1

 

 

2019年5月 7日 (火)

クロシギゾウムシ

田舎ではあまりむしたちに出会わなかったので

この出会いはすごく嬉しいなぁ・・・。

 

P5049258 

 

P5049261

 

Dsc_4848

 

Dsc_4853

 

Dsc_4855

 

Dsc_4859

 

Dsc_4851

2019年4月24日 (水)

むしたくさん!

ようやくたくさんの虫たちがあらわれてきました。

ハラグロオオテントウ

P4208005 

カメノコテントウ

P4208014 

イタヤハマキチョッキリ

Dsc_3724 

 

ドラハマキチョッキリ

P4208039

 

カシワクチブトゾウムシ

Dsc_3792  

 

コゲチャホソクチゾウムシ

Dsc_3793

 

ヤノナミガタチビタマムシ

Dsc_3574

 

クロボシツツハムシ

Dsc_3779

 

セモンジンガサハムシ

Dsc_3697

 

イタソリハムシ

P4208068

 

2019年4月22日 (月)

カシワノムゾウムシ?とムネスジノミゾウムシ?

陽に透かしてみる新葉はどんなえのぐでも再現できませんねぇ。

いよいよ本格的な春、コナラの葉裏にもいろいろな世界が

ひろがっています・・・。

 

コナラノミゾウムシ?のカップル

Dsc_3927  

 

Dsc_3928 

たくさんいるけどぽろぽろ落ちていまいます。

Dsc_3853 

 

Dsc_3883 

こちらはムネスジノミゾウムシ?

Dsc_3832

 

Dsc_3834

 

Dsc_3838

 

Dsc_3849

大きさは2~3㎜くらい

P4218198

 

2018年7月20日 (金)

エゴシギゾウムシ

いつも観察に行く場所ではときどき見かけるがここでは初見。
しかもハクウンボクでも今回が初見でした。

Dsc_4131


Dsc_4137


Dsc_4144


Dsc_4147


Dsc_4149


2018年6月24日 (日)

タデ(トゲ)サルゾウムシ

ママコノシリヌグイの花が咲きはじめました。葉っぱのうえに
ゾウムシが・・・タデ(トゲ)サルゾウムシのようです。

Dsc_2799


Dsc_2801


Dsc_2803


Dsc_2804


Dsc_2807


2018年3月29日 (木)

オオミスジマルゾウムシ

裏高尾の木柵で見かけたオオミスジマルゾウムシ、2014年6月17日にも
掲載したいた。やはり食草にいるところを撮影したいなぁ。


Dsc_6456


Dsc_6457


Dsc_6458


Dsc_6464


Dsc_6462


P3240895


2017年11月28日 (火)

シギゾウムシの仲間

こちらも先週のギボッチで出会ったゾウムシ、この季節
毎年みかけるのだがいまいち何者かはっきしない。
コナラシギゾウムシ、クリシギゾウムシ、クヌギシギゾウムシ
そしてニセコナラシギゾウムシなんていうのもいる。

擬木の上では味気ないのでコナラのかれ葉に移動させたが
追っかけるのが精一杯になってしまった。
Dsc_1081

Dsc_1082


Dsc_1083


Dsc_1101


Dsc_1119


Dsc_1128


より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック