フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

カメムシ

2020年7月15日 (水)

最近出会ったむしたち

鬱陶しい天気が続く・・・でもそれなりに出会いがあります。

ハクウンボクのヒゲナガゾウムシ♀

Dsc_1111

 

タバケササラゾウムシあっという間に転げ落ちた。

Dsc_1669

 

シロオビトリノフンダマシいろいろ

Dsc_1803

 

Dsc_1836

 

Dsc_1880

 

オオトリノフンダマシ

Dsc_1843

 

カラスハエトリ

Dsc_1855

 

ヤハズハエトリ

Dsc_1877

 

ベッコウハロゴモの幼虫

Dsc_1810

2020年6月22日 (月)

アメリカオニアザミとカメムシ?の卵

アメリカオニアザミのトゲの間に産み付けられた卵はカメムシかな?

 

P6203147

 

P6203148

 

P6203134

 

P6203138

 

Dsc_0806

 

Dsc_0824

 

Dsc_0821

2020年6月18日 (木)

キマダラカメムシの卵と幼虫

仕事先でミカン科の葉っぱにいたカメムシどうしたも気になったので

パチリ‼

 

P6173082

 

P6173078

 

P61730781

2020年5月19日 (火)

タケウチトゲアワフキ

今年は見られないと思っていたタケウチトゲアワフキ思わぬところでであう。

とにかく歩いてみることですね。

 

P5171471

 

P5171473

 

Dsc_9091

 

P5171463

 

Dsc_9078

 

Dsc_9084

 

 

 

2020年5月16日 (土)

カラスノエンドウの花外蜜腺にくるむしたち

カラスノエンドウの花外蜜腺にくるのはアリが多いが

他にはどんなむしがくるのだろう。

 

ナナホシテントウ

Dsc_8242_20200516203201

 

ハリカメムシ

Dsc_8538

 

ケバエ

Dsc_8259

 

キイロシリアゲアリ

Dsc_7201

 

アミメアリ

Dsc_8247

 

クロヤマリ

Dsc_8260

 

オオクロアリ

Dsc_8276

 

これは何アリ?

Dsc_8717_20200516204001

2020年5月 2日 (土)

今年は見られないかなぁタケウチトゲアワフキ

今年は見られないかなぁ・・2019年6月19日2018年4月30日

とみることができたがどうでしょう?

 

Dsc_6267

 

Dsc_9179

枝がが切払われて手の届くところは無くなってしまいました。

P4290429

2019年6月19日 (水)

シナノキのむし

シナノキが花盛りいろいろなむしがやってくる。

 

P6160627 

 

こちらはコマルハナバチ

P6160631

 

こちらはアカオビツチバチか?

P6160629 

 

シナノキの花

Dsc_6503 

 

Dsc_6516

 

もういないと思ったが・・・タケウチトゲアワフキ

P6160634

 

Dsc_6517

 

Dsc_6522

 

 

2019年5月16日 (木)

カメムシの卵と寄生蜂

葉っぱの裏のカメムシの卵をみつけると寄生蜂をさがしてしまいます。

2015年6月4日2016年6月2日

コガネバチかな?

P5129632

 

P5129633

 

Dsc_5237

 

Dsc_5190

 

Dsc_5217 

 

Dsc_5234

 

Dsc_5233

 

Dsc_5219

2019年2月22日 (金)

どこにいるでしょう?

それなりに撮影はしているのだが整理するのが
なかなかはかどらない。

①このヤツデの葉っぱ裏にいるのは・・・
P2166413

②ムクノキの幹ににいるのは・・・
P2166419

③擬木にいろのは・・・これはもう見えている。
Pb266991

①はここにいます。
P2166413_2

①アミメクサカゲロウです。
P2166415

①拡大写真
Dsc_1206

②はここです。
P2166419_2

②フユシャクの仲間のようです。
P2166422

③はもうみえています。
Pb266991_2

③松葉ではありません、オナガグモでした。
Dsc_2217


2019年1月21日 (月)

神代植物公園のむしたち

去年は新宿御苑にむしをさがしにいったので今年は
神代植物公園へ、でもヤツデが3~4本が一ケ所
だけで・・・。

アセビの葉裏にトサカグンバイ
Dsc_0259


Dsc_0262

ヤツデの葉裏にヤツデキジラミの幼虫
Dsc_0299

こちらは成虫
Dsc_0321

クロスジサジヨコバイの雌
Dsc_0281

クロスジサジヨコバイの雄
Dsc_9473

クロスジサジヨコバイの幼虫
Dsc_9748

ルビーロウムシ(ルビーロウカイガラムシ雌)
Dsc_0286

ヒメヨコバイの一種
Dsc_0312

ユスリカの一種雄
Dsc_0278

ヒメコバチの一種
Dsc_0394

ウロコアシナガグモ
Dsc_0303

アザミウマの一種
Dsc_0295

シキミの葉裏にはチャタテムシの幼虫
Dsc_0400

こちらは成虫
Dsc_0384

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック