フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年6月27日 (木)

ランの花は逆さま

ランの花は逆さまに咲いているが、すべてのランの花が逆さまにに

咲いているわけではない逆さまに咲いている花は逆さまに咲いている

と見えないが、さかさまに咲いていない花は逆さまのようにみえる。

なんてことを考えていたらますます訳がわからなくなってきたのでもう

一度考えてみました。

 

普通にみえるキンランの花。

Photo_20190625210301

 

左が唇弁を上にしたキンランの花。

Photo_20190625203902

 

ランの花が逆さまになるにはどういう方法があるかかんがえてみた。

以下3つの方法を考えてみました。

①花柄子房がねじれる。花柄子房が180°ねじれる。

01_20190625203901

 

②イナバウァー。後ろに反る

02_20190625203901

 

③逆さになる。シダレヤナギように枝垂れる。

03_20190625203901

 

①花柄子房がねじる。カキラン正面

Dsc_6578_20190625211301

 

カキランのねじれた花柄子房

Dsc_4181

 

クモキリソウ正面。

Dsc_2355

 

クモキリソウ花柄子房。

Dsc_2332

 

キンランの花柄子房。

Dsc_7535_20190625211301

 

ギンランの花柄子房。

Dsc_9445

 

②イナバウアー。後ろに反るネジバナの正面。

Dsc_2864

 

イナバウアーしているネジバナ。

Dsc_2861

 

ネジバナの子房の断面。

Photo_20190625212101

 

茎頂に咲く花もイナバウアーしている。コアツモリソウの正面。

P5260202

 

コアツモリソウのイナバウアー

Dsc_9744

 

トキソウのイナバウアー

Dsc_7394

 

シランは①と②の両方があります。けっこういろいろな方向を向いている。

Dsc_6121

 

こちらは①ねじれています。

P4271630 

 

こちらは②イナバウアー

P4271632

 

花柄と子房の境界ははっきりしない。

Dsc_0647

 

③逆さになる。シダレヤナギやシダレザクラのように垂れ下がるヨウラクラン

P5132408

 

垂れ下がる(逆立ち)すると逆さまになる。

Dsc_0372

 

こちらは逆さまに咲いていないが逆さま?

Dsc_0369

他に枝垂れる花はくわしくは知らないが樹木に着生しているランはどうなのだろう?

また、ツチアケビのように一定しない方向ののものもあるようだ。

Dsc_1147

 

Dsc_1159

 

Dsc_4123

ここのランはシュンラン・シラン・キン・ギンランを除いてはNさん、Oさんに

同行させていただいた時に撮影したものです。

参考:「蘭への招待」その不思議なかたちと生態 著:塚谷裕一 集英社新書

 

 

 

2019年4月11日 (木)

第14回ワイワイ学校作品展

今年も仕事帰りに行ってきました。
今年のテーマは『花と葉っぱの科学館』

自分も同じように見えたらいいな・・・。
そして同じように写真を撮りたい・・・。

案内パンフレット
4月1日~4月30日(最終日16時まで)
月~土・10:00~23:00/日・祝・10:00~22:00

ワイワイ学校過去の作品展

 

1000031916_11

 

P4097788

 

P4097790

 

P4097794

 

 

2018年11月 3日 (土)

富士山

今週は沼津で仕事でした。昨日、遅く返ってきて今日はぐったり!
さすがに富士山は大きく見える。手前は架線や工場の煙突まで
あっていまいち。

Pa3148632


2018年7月25日 (水)

『お好きな服は?』

「みちくさの名前。 雑草図鑑」 吉本由美 NHK出版を読んでいたら
『お好きな服は?』と言うフレーズが出た来ました。
あることを覚えるのにとても便利な言葉です。

お→オミナエシ
す→ススキ
き→キキョウ
な→ナデシコ
ふ→フジバカマ
く →クズ
は→ハギ 

ということで秋の七草です。

オミナエシ
Dsc_0660

ススキ
Img_7830

キキョウ
Dsc_8332

他はちゃんとした画像がない・・・。


2018年4月19日 (木)

第13回ワイワイ学校作品展

やっと仕事帰りに行ってきました。
今回のテーマは「身近な植物のびっくり!」だそうです。
植物の美しさと不思議をあらためて感じます。

案内パンフレット
月~土・・・10:00~23:00/日・祝・・・10:00~22:00
Img_20180418_0001

ポストカード撮影:金子紀子 構成:多田多恵子 
シンビジューム・ルリハコベ・ヤノネボンテンカ・トサミズキ・ツクバトリカブト・ヒメハギ
Img_20180418_0002

ポストカード撮影:和田球司 構成:多田多恵子 イヌコハコベ
Img_20180418_0004

展示風景
P4171459

過去の「ワイワイ学校作品展」が見られます。

2017年4月26日 (水)

第11回ワイワイ学校写真展

あれをしなければ、これもやらなくては、これをしようと言っているうちに
GWがもうすぐ・・・と言うわけで、仕事の合間に池袋のジュンク堂
7階の店内壁面に展示中のワイワイ学校作品展「植物のカ・ラ・ダ」
を見に行ってきました。
美しい画像と植物の奥深さをあらためて感じました。


案内のポストカード
Scan100010

思わずポストカードを買ってしまいました。デンジソウ:川内野姿子
Scan100013

こちらはカラマツの雌の球花:金子紀子
Scan100011

今までの「ワイワイ学校の作品展」興味深い画像がいっぱいです。


2016年12月 4日 (日)

絶不調!

2,3日前からのどの具合が・・・と思っていたら
咳が止まらない。
いつも風邪はのどからくる。
ちょっと休みます。

2016年7月13日 (水)

南会津の風景2

今年は例年よりかなり雪は少なかったようだ。
同じ雪国でも家の造りは少しずつ違う、魚沼に比べるとこちらの方が
雪は少なそうだ。

P7090154


P7090155

宿の晩飯はこの「蒸しかまど」で炊く、少しの炭火で効率よく炊けるのだそうだ
P7090157

僕の田舎では「糠窯」というのがある(といっても糠ではなくて籾殻を燃やす)
P7090164


P7090170


2016年7月12日 (火)

南会津の風景

9日、10日と南会津に行ってきました。
9日は雨が降ったり止んだり、お陽が出てきたり・・・でしたが。

宿の近くの朝の風景
P7100238


P7100195

湿原
P7100329

昭和村のマンホール、村の花・ひめさゆり、村の木・ヒメコマツ、村の鳥・ウグイスがデザインされている
P7100240

宿で酒のつまみと思ったのですが結局はお土産に・・・
P7090025

2016年4月12日 (火)

今年の魚沼の春

バタバタしているうちに4月も半ばになってしまった。
所用で実家に帰ったら・・・なんと雪がない!
いつもの年はGW後でも雪が残っているのに今年はこんな状態。
兄に聞いたらこんなのは初めてだそうだ。

今年の4月10日  もう雪はほとんどない
2018410

平成22年5月5日 5月に入っても雪がある
201055

平成23年4月17日 今年より1週間遅いのにこの雪
2011417

今年の4月10日 別な場所では・・・
Dsc_9957

平成23年4月17日 ちょっとアングルが違うがこんなに雪が
Img_00712011417

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック