フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

東京(区部)

2021年4月18日 (日)

タケウチトゲアワフキ

土曜日は微妙な天気だったので山行きは止めて・・・

でもここでタケウチトゲアワフキと出会うとは思わかった。でもよく考えたら

ここは食草(ギンヨウボダイジュ、ボダイジュ、ナツゴダイジュ)が

一杯あったのです。

 

P4170516

 

P4170495

 

Dsc_3483

 

Dsc_3480

 

Dsc_3458

 

Dsc_3472

 

Dsc_3477

 

Dsc_3473

 

 

2021年4月11日 (日)

オケラ

田舎では見ていたが東京ではじめてかなぁ

掌に捕まえた感触は小さい頃を思い出せる。

P4100260

 

P4100263

 

P4100265

 

P4100270

 

P4100273

 

P4100274

 

P4100267

 

P4100268

2021年3月 1日 (月)

比べてみました

イヌノフグリとオオイヌノフグリ(2月28日 野川自然観察園)

Dsc_2495

 

やっとさがしてイヌノフグリは貧相なこれだけでした。

Dsc_2496

 

ココメイヌノフグリとオオイヌノフグリ(2月11日 小石川植物園)

Dsc_1973

 

コゴメイヌノフグリ

Dsc_1959

 

フラサバソウとオオイヌノフグリ(2月28日 小金井公園)

Dsc_2296

 

フラサバソウ

Dsc_2276

 

2021年2月17日 (水)

小石川植物園でもめくってみました

ヤツデがあるとついめくってしまいます。

 

やっぱりここでは種類が少ない。一番はこれ・・・

めくるとクロスジホソサジヨコバイの幼体だらけ‼

P2118927

 

Dsc_1906

 

メス

Dsc_1919

 

オス

Dsc_1901

 

2番はヤツデキジラミ

Dsc_1898

 

ヤツデキジラミ成体

Dsc_1907 

 

これもどこでもいるウロコアシナガグモ

Dsc_1918

 

こちらもよくみるヨコバイ

Dsc_1915

 

チャタテムシの幼体

Dsc_1926

 

コナカゲロウの繭

Dsc_1910

 

コナカゲロウの幼体

Dsc_1922

 

やっとみつけたヒメコバチの一種

Dsc_1905

 

 

2019年8月19日 (月)

チャバネセセリの幼虫

これを撮影した後で悪夢が・・・・痛風の発作で歩くのが

困難に、やっとの思いで帰ってきました。

失神しそう!

 

チャバネセセリの幼虫

Dsc_8242

 

Dsc_7937

 

Dsc_7934

 

Dsc_7935

 

Dsc_7936

 

2018年8月18日 (土)

水元公園

すっかり間があいてしまいました。ようやくちょっと涼しくなったので
水元公園に行ってみました。
あまりにビックリしてしまったので写真を撮影するのを忘れてしまいました。
この公園の名物のオニバスが今年は全くダメで公開を取りやめて・・・
ちょと覗いてみたら何もない!

アサザは今年は生育がいいようです。
P8174082


Dsc_1930

ガガブタ
Dsc_2094

タコノアシ
Dsc_2036

サデクサ・・花はまだでした。
Dsc_1975

カワラケツメイ
Dsc_1992

ゴキヅル・・・雄花だけ見られました。雌花はまだみたい。
Dsc_2016

ミズトラノオもまだです。
Dsc_2043


2018年4月19日 (木)

第13回ワイワイ学校作品展

やっと仕事帰りに行ってきました。
今回のテーマは「身近な植物のびっくり!」だそうです。
植物の美しさと不思議をあらためて感じます。

案内パンフレット
月~土・・・10:00~23:00/日・祝・・・10:00~22:00
Img_20180418_0001

ポストカード撮影:金子紀子 構成:多田多恵子 
シンビジューム・ルリハコベ・ヤノネボンテンカ・トサミズキ・ツクバトリカブト・ヒメハギ
Img_20180418_0002

ポストカード撮影:和田球司 構成:多田多恵子 イヌコハコベ
Img_20180418_0004

展示風景
P4171459

過去の「ワイワイ学校作品展」が見られます。

2018年2月 8日 (木)

新宿御苑のむしたち(その1)

2月3日の新宿御苑のヤツデの葉っぱ裏にはどんなむしが
いるのでしょう?去年は1月18日にやっていました。
冬のむしはやっぱり種類は限られいますがいろいろみられます。
八国山とでは種類はあまり変わらないように思いますが
数量は圧倒的に少ないですねぇ。

お馴染みのクロスジホソサジヨコバイの雌
Dsc_4359

クロスジホソサジヨコバイこちらは雄
Dsc_4438

クロスジホソサジヨコバイの幼虫
Dsc_4333

ヒメヨコバイの一種もたくさんいました
Dsc_4342

ヤマシロヒメヨコバイ
Dsc_4484

ベニヒメヨコバイ
Dsc_4426

ホシヒメヨコバイ
Dsc_4343

ヤツデキジラミの幼虫
Dsc_4515

ヤツデキジラミの脱皮したて
Dsc_4511

ヤツデキジラミの成虫、脱皮して直ぐなので色がうすい
Dsc_4502

ユスリカの一種の雄
Dsc_4513

ユスリカの一種の雌
Dsc_4478

ヒゲナガサシガメの幼虫
Dsc_4324

クサカゲロウの一種
Dsc_4499

クサカゲロウの一種の幼虫
Dsc_4481

チャタテムシの一種の幼虫
Dsc_4387

チャタテムシの一種の幼虫
Dsc_4389

チャタテムシの一種
Dsc_4337


2018年1月16日 (火)

ケンポナシ

小石川植物園のケンポナシの果実ははすっかり枝から落ちてしまい、種は
駐輪場の土の上にたくさん転がっていた。
今はケンポナシを齧る人なんかいないだろうが何だか懐かしくて落ちていた
ケンポナシの花軸を齧ってみた、水分がある時もかなり甘く青臭さと渋みが
あるが、今はすっかり水分の抜けた花軸は干し柿のように甘かった。

 

Dsc_3294

 

花軸の先に果実が
Dsc_3626

 

中には光沢のある茶色い種子が覗いている
Dsc_3631

 

種子
Dsc_3877

 

大きさは5㎜位
P1167703

 

冬芽
Dsc_0807

 

 

Dsc_0811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年1月12日 (金)

モクレイシの果実

モクレイシ < モクレイシ属 < ニシキギキ科
雌雄異株の常緑低木去年の2月の観察会で小石川植物園で
花を見たのだか今回は果実になっていました。

この季節は赤い種子(仮種皮)とても目立ちます。
Dsc_3333

熟して2裂したところ。
Dsc_3330

未熟な果実。
Dsc_3325

蕾が大きくふくらんでいます。
Dsc_3319

蕾と果実。
Dsc_3318

雌花1(平成27年2月18日撮影)
Dsc_5159

雌花2(平成27年2月18日撮影)
Dsc_5160

雄花1(平成27年2月18日撮影)
Dsc_5539

雄花2(平成27年2月18日撮影)
Dsc_0529

より以前の記事一覧

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック