フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

狭山丘陵

2017年12月13日 (水)

オオブタクサの果実

すっかり枯れ木ばかりになっているのだがここには
枯れてしまったのと、まだ青々して花が咲いている
ものも・・・。

こちらはオオブタクサの果実、初めて見たのだが
こんなにトゲトゲだとは知らなかった。
Dsc_2839

上部は。
Dsc_2840

割ってみると・・・食べてみるとなかなかいける。
Dsc_2929


Pc097150

大きさはけっこうばらつきがある。
Pc097153

果実が落ちた後。
Dsc_2731

果実が着いているところ。
Dsc_2728

房状に雄花が咲いている。雌花は雄花の付け根にある。
Dsc_0203

まだ青々としている。
Pc097120

枯れてしまったものも・・・。
Pc097118

2017年12月 1日 (金)

オナガグモ

ギボッチをやる今の季節は出会えるむしたちはやはり種類は
少なく限られた種が多い。
2013年10月26日に掲載していました。

松葉のよういなオナガグモ。
他のクモを捕まえるのだそうだがいつか是非見てみたい。
Pb266990


Dsc_2210


Dsc_2216


Dsc_2211


Dsc_2217

これだとクモに見える。
Dsc_0940


Dsc_0941


2017年11月28日 (火)

シギゾウムシの仲間

こちらも先週のギボッチで出会ったゾウムシ、この季節
毎年みかけるのだがいまいち何者かはっきしない。
コナラシギゾウムシ、クリシギゾウムシ、クヌギシギゾウムシ
そしてニセコナラシギゾウムシなんていうのもいる。

擬木の上では味気ないのでコナラのかれ葉に移動させたが
追っかけるのが精一杯になってしまった。
Dsc_1081

Dsc_1082


Dsc_1083


Dsc_1101


Dsc_1119


Dsc_1128


2017年11月26日 (日)

コミミズクの幼虫

カメムシ目でセミやカメムシなどの仲間、アラカシやクヌギ
などのドングリのなる木で見つけることができる。
木の枝にぴったりと体を付けているとちょっと見つけにくい。

2015年1月5日にも撮影していますがこの扁平の体はなんど見ても
興味をそそられます。
Dsc_2386

Dsc_2408


Dsc_2414


Dsc_2421


Dsc_2420

裏側
Dsc_2377


Dsc_2380


Pb267057


2017年11月22日 (水)

ニジオビベニアツバの幼虫

先週、ものすごく久しぶりの‘ギボッチ‘例年よりむしたち少ないかなと
言う気はしたが、それでもたくさん出会えた。
今回は初見のニジオビベニアツバの幼虫・・・図鑑でみたことの
あるような無いような・・・・全身に生えた先がヘラ状の長い毛を
揺らしながら歩く姿にびっくり!
擬木からコナラの葉に移動してもらって撮影。

ニジオビベニアツバ(ヤガ科シタバガ亜科)
Dsc_1198_3


Dsc_1210_2


Dsc_1211_2

胸脚3・腹脚3・尾脚1
Dsc_1218_2


Dsc_1222_2


2017年11月 8日 (水)

ドクダミ

いつでもどこでも見れるのだがこの種子はまだみていなかった。

種子がのぞいている。
Dsc_0690

種子にはこんな模様がある。
Dsc_0707

この目盛は0.5㎜。
Dsc_0692

今の姿はこんなふうです。
Dsc_0681

果実。
Dsc_6673

花粉が出ている雄しべと柱頭が三つに分かれた雌しべ。
Dsc_0531

まだ雄しべから花粉が出ていない。
Dsc_2710

花は3本の雄しべと雌しべからなる。
Dsc_0570

花穂。
Dsc_0902

4枚の総苞片の包まれた若い花穂。
Dsc_0594

さらに若い花穂。
Dsc_0609


Dsc_0598


Dsc_2707

2017年11月 2日 (木)

コセンダングサの発芽

コセンダングサの発芽するようすを撮影してみました。

トゲトゲの痩果です。
Dsc_6907

三につ分かれガクの位置にあるトゲになった冠毛。
_dsc2460

根が出ました。
Dsc_7508

ますます根がのびました。
Dsc_7514


Dsc_7761

双葉がでました。
P3272527

やっぱり普通の双葉でした。
P3262526_2

2017年10月27日 (金)

アシタバに来た昆虫

アシタバにいろいろな昆虫がきました。
花の特徴から蜜を舐める昆虫、ハエの仲間が多い。

Pa146115


Pa146119

ツマグロキンバエ
Dsc_0524

?ハエ 「 ツヤヒラタアブの一種」
Dsc_0526

?ハエ 「 シマバエの一種」
Dsc_0533

?ハエ 「 ヒメクロバエ」
Dsc_0538

キンバエ?
Dsc_0556

?アリ 「クロヤマアリ」
Dsc_9061


2017年9月28日 (木)

イモムシの脚

多くのイモムシの脚は前脚が3対、腹脚が4対、尾脚が1対。
なんとはなしに腹脚を撮影してみたらなかなか面白い。
爪のようなものがたくさんついている、これなら葉っぱも
茎もしっかり掴めそう・・・だから何といわれても知りません。


_dsc3307


Dsc_4672


Dsc_6042


Dsc_7446


Dsc_8481


Dsc_7755


Dsc_7757


2017年9月18日 (月)

イネ

バタバタしていいるうちにあっという間に9月も半ばをすぎてしまいました。
今回はイネを追っかけてみたのだが早いところではもう稲刈りが・・・・
イネの花を追っかけたら北山公園の古代のモチ米「みどり米」に花が。

イヌビエの中にイネがあるような・・・。
P9165390

黒っぽいのが古代のモチ米「みどり米」だそうだ。
Dsc_1007

イネの花
Dsc_8686

頴が開いて雄しべが出ています。
Dsc_8433

反対側は。
Dsc_8464

登実小花は第三小花でその基部に護頴のみに退化した第一小花と第二小花がある。
Dsc_8746

詳しくみると。
Dsc_8715

反対側は。
Dsc_8747

内頴側からみると。
Dsc_8721

小穂の基部。
Dsc_9123

小穂の中は。雄しべは6(画像では1つ取れてない)
Dsc_8800

外頴をとって内頴に残った雄しべと雌しべ。
Dsc_8776

薬用植物園に植えられていたササニシキ。
Dsc_9076

こちらは古代米の紫米。
Dsc_9077

同じく赤米
Dsc_9079

※参考 イネ科ハンドブック 文一総合出版


より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック