フォト

小平ふるさと村

  • 000
    画像があります。

江戸東京建物園

  • 0001
    案内文と画像があります。

甲虫1(ゾウムシ)

  • 000
    現在59種類?

甲虫2(ハムシ)

  • 000
    現在54種類?

甲虫3(カミキリ・タマムシ)

  • 000
    カミキリ40種類? タマムシ11種類?

カメムシ

  • 000
    現在カメムシ60種類? カスミカメ8種類? サシガメ7種類?

トンボ

  • 000
    現在33種?
無料ブログはココログ

種子散布

2022年6月15日 (水)

ユウゲショウ

雨上がりのあとのユウゲショウ・・・雨滴散布でした

 

P6120141

 

P6120147

 

P6120144

 

013_20220615204101

2022年5月28日 (土)

イカリソウの種子

イカリソウ種子にはたっぷりとエライオソームが付いている。

また、その模様も面白い。

P5210269_20220528215801

たっぷり付いている。

P5210253_20220528215801

エライオソームの模様も面白い。

P5210263

果実はほとんど残っていなかったのだがまだこれは未熟なのだろうか?

Dsc_6488

果実

P5210247_20220528215801

 

P5210243_20220528215801

 

P5270018_20220528215801

 

Img_6038_20220528215801 

2022年5月26日 (木)

アメリカフウロ

この種子がこんなとは思いませんでいた。

P5220311

アブがきました。

P5220316

果実

P5220318

果実の拡大画像

Dsc_6315

大きさは?

P5220513

白バックで

P5220497

白バック拡大

P52205011

黒バックでは

P5220505

2022年4月27日 (水)

ヤナギの種子散布

まだヤナギの花を見たかったのですが雌花序はもう綿毛に包まれていた。

ふわふわ漂っている綿毛はどんなふうに出てくるのかみてみました。

P4230192

 

P4240877

 

P4230193

 

果実が割れて綿毛が出ている

Dsc_3740

 

Dsc_3718

順番にみてみると

Dsc_3963

 

Dsc_3964_20220427204401

 

Dsc_3965_20220427204401

 

Dsc_3969_20220427204401

 

Dsc_3970_20220427204401

綿毛の中のつぶつぶが種子です

P5021310

種子

P4230216_20220427204401

 

 

 

2019年6月 6日 (木)

スズメノヤリ

スズメノヤリ < スズメノヤリ属 < イグサ科

Dsc_4726

 

雌性先熟、3個の柱頭が受粉する。

Dsc_2624

 

受粉したあと花被片が開く

Dsc_7224

 

雄性期にはいる。

Dsc_7273

 

果実

Dsc_0764

 

3個の種子をもつ。

Dsc_5265

 

熟した種子。

Dsc_6063

 

3個の熟した種子。

Dsc_6065 

 

種子。

Dsc_6080

 

種子の下部にエレイオソームが付く。

Dsc_6083

 

 

 

2018年1月16日 (火)

ケンポナシ

小石川植物園のケンポナシの果実ははすっかり枝から落ちてしまい、種は
駐輪場の土の上にたくさん転がっていた。
今はケンポナシを齧る人なんかいないだろうが何だか懐かしくて落ちていた
ケンポナシの花軸を齧ってみた、水分がある時もかなり甘く青臭さと渋みが
あるが、今はすっかり水分の抜けた花軸は干し柿のように甘かった。

 

Dsc_3294

 

花軸の先に果実が
Dsc_3626

 

中には光沢のある茶色い種子が覗いている
Dsc_3631

 

種子
Dsc_3877

 

大きさは5㎜位
P1167703

 

冬芽
Dsc_0807

 

 

Dsc_0811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年12月26日 (火)

ヤマツツジの果実

花の仕組みは2017年5月11日にUPしましたがこちらも面白い。
花は何処でも見られるのに果実はなかなか見ないような・・・
個体によって実付きがだいぶ違うようだ。

 

Dsc_2687

 

 

Dsc_2689

 

 

Dsc_2692

 

 

Pb136635

 

 

Dsc_1678

 

 

Dsc_1686

 

 

Dsc_1683

 

 

Pb136632

 

 

Dsc_8145

 

 

Dsc_0751

 

 

Dsc_6206

 

 

 

2017年12月13日 (水)

オオブタクサの果実

すっかり枯れ木ばかりになっているのだがここには
枯れてしまったのと、まだ青々して花が咲いている
ものも・・・。

 

こちらはオオブタクサの果実、初めて見たのだが
こんなにトゲトゲだとは知らなかった。
Dsc_2839

 

上部は。
Dsc_2840

 

割ってみると・・・食べてみるとなかなかいける。
Dsc_2929

 

 

Pc097150

 

大きさはけっこうばらつきがある。
Pc097153

 

果実が落ちた後。
Dsc_2731

 

果実が着いているところ。
Dsc_2728

 

房状に雄花が咲いている。雌花は雄花の付け根にある。
Dsc_0203

 

まだ青々としている。
Pc097120

 

枯れてしまったものも・・・。
Pc097118

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年11月 8日 (水)

ドクダミ

いつでもどこでも見れるのだがこの種子はまだみていなかった。

 

種子がのぞいている。
Dsc_0690

 

種子にはこんな模様がある。
Dsc_0707

 

この目盛は0.5㎜。
Dsc_0692

 

今の姿はこんなふうです。
Dsc_0681

 

果実。
Dsc_6673

 

花粉が出ている雄しべと柱頭が三つに分かれた雌しべ。
Dsc_0531

 

まだ雄しべから花粉が出ていない。
Dsc_2710

 

花は3本の雄しべと雌しべからなる。
Dsc_0570

 

花穂。
Dsc_0902

 

4枚の総苞片の包まれた若い花穂。
Dsc_0594

 

さらに若い花穂。
Dsc_0609

 

 

Dsc_0598

 

 

Dsc_2707

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年9月 9日 (土)

ヤブミョウガのエンブリオテガ

ヤブミョウガもすっかり果実になっています。
去年話題にしたツユクサ科の共通した特徴の一つ、種子の凹み「エンブリオテガ
と呼ばれていてこの部分が蓋のようにはずれて発芽する。このことを確かめる為に
果実を蒔いてみました。

 

 

完熟前の果実、石垣のようにきっちりと組み込まれている。
Dsc_8484

 

完熟の果実
0014

 

果実を崩すとたくさんの種子からできている。
0015

 

臍のようにへこんだ部分をエンブリオテガと呼ぶようだ。
0016

 

しばらく水に付けたいると「蓋」がゆるくなってきた。
0017

 

「蓋」がはずれる。
0018

 

種子の断面。
0019

 

'「蓋」がすっかりとる。
0020

 

幼根がでてくる。
0021

 

第1葉がではじめる。
0022

 

第1葉が開きはじめる。
0023

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック